スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更気づいた

fllL_01.jpg
fllL_03.jpg
fllL_07.jpg

九尾の新作情報がとっくに上がってた。

そして嬉しいんだけどどうなんだろうという気分がひどい。

九尾作品なのにトシぞーゲンタがゲンガーじゃないなんて……これはいいことなのか悪いことなのか判断に悩む。

どこで金目鯛なんて引っ張ってきたのか分からんけどすごく九尾作品感が損なわれるというかなんというか。

いやまぁ確かにトシぞーゲンタの絵は大衆ウケはそんなによろしくは無かっただろうけどまるきりゼロにするのはどうなのよ。

作品的には金目鯛絵はあってるっぽいから文句が言いたい訳じゃないんだが……機械仕掛けのイヴから追っかけてる身としてはロリっ娘枠でいつもどおりの原画が見たかったな。

で肝心の中身。

システムはフェルシスの進化版且つロウ&カオスのルート有り。

いや、うん。

端的に言ってしまえば。

超 楽 し み 。

あの時間泥棒だったフェルシスの進化版、期待するなというほうが無理。

ギアってことは一部はしっかりMCなんだろうしその辺のさり気ないストーリーの絡みも楽しみ。

Eternal GearとかOrpheus並みに燃える展開をやってくれると信じてる。

どうにも二尾作品はそこまで当たらないから九尾の新作は本当に楽しみだわ。

忘れた頃にやってきた

taisenPre.jpg

5月末に当選告知&メールがあったエロゲ大戦2のTDトレカ&クリアファイルセットが今日届いた。

発送時期がかなり遅れたからかTDBS発売記念イベントのクリアファイルまで付いてきてちょっと得した気分。

ミヤとウルル2のカードが揃ったのでロゼブルOHPでDLできるおまけコンテンツが全部揃った。

にしても発送が遅れてるからてっきりOHPで告知くらいあるもんだと思ってたら無しで来るとは……ぶっちゃけもう忘れてたわ。

九十九の奏 体験版

SkyFish最新作『九十九の奏~欠け月の夜想曲~』を応援しています!!

なんかもう正直に言うと「ブランド違いすぎね?」という感想が一番だな。

ゲンガーがさえき北都さんってのも大いに影響してるとは思うけど、空魚はソレイユシリーズのファンタジーかコミカル路線ってイメージが強いから空魚ゲーと言われると激しく違和感がある。

ストレートに暁worksのゲームだったら何の違和感もないんだけどね。

内容がシリアスちっくな伝奇モノなんでゲンガーとの相性もいいし、面白そうな構成ではあった。

ただいかんせん体験版の段階だと着地点が見えないというかどうまとめるのかが分からないためそこまで良ゲーになる予感がしない。

ライターも空魚作品では個人的に並み作品のメインライターだし、ゲンガーつながりでるい智とかコミュあたりを想定した期待をかけたら悲しいことになりそうだな。

割とCVひなき藍の伏姫は好きなんだけどどうなることやら。

ラブクエ デモ



どちらかというとゆったり系の曲なのに動きまくるムービー。

音と映像の同期は上手いこといってるから特に違和感はないな。

それよりなによりOPあとの羽美の独白が印象的だった。

まだキャラクターページでサンプルが無いから初聞きだったけどちょっとばかし想像の斜め上だったな。

素直になれない幼馴染からイメージしてた声よりちょっと幼い感じで更に強気分が薄い。

星咲さんというとマシーナクロニクルのロリっ娘なイメージがあったけどこれはこれでいい感じ。

体験版が楽しみだな。

彼女はオレから離れない 体験版

原作もアニメも見てないけど恐らくはがないをオマージュ(笑)した作品。

ゲンガーがカントクちっくな画風でいい感じ。

とりあえず隣人部ならぬ改革部が結成されるところまでが体験版だったわけですが。

この段階ですでにヒロイン全員攻略フラグ成立済み(話的に)という。

キャストもそれぞれ合ってるというか夏野さんがストライク過ぎる。

ここ最近の戯画の紙芝居はギガマイン連発だったからチェックを怠っていたけどシナリオの長ささえある程度あれば楽しめそうな感じだわ。

なんか変に感動した



紅神楽、とりあえず2ルート終了したわけですがなんというかもうね。

古き良き神楽シリーズが帰ってきた感じがして嬉しくなった。

道中記、幻想譚ともに今ひとつ神楽って感じが薄かったんだけど紅神楽はちゃんと神楽してた。

幻想譚はそもそもライターが駄目だったし、道中記は主人公の不在がシナリオの流れを弱くしたし学園記は主人公の魅力が足りなかった。

でも今回は巫女2人とも従来の神楽シリーズなみにいい感じだったし、主人公が輝いてた。

幹也さん、木島、飛天丸と肩を並べても遜色無いレベル。

神楽というよりはエゴ作品の主人公どもに共通した感覚というか、それがでぼの巣になってからは無かったんだよね。

端的にいえば主人公の魅力不足なんだけどさ。

SLGパートも過去作から進歩が今ひとつな感じはあったけど十分楽しめたし。

シナリオもちょこちょこ過去作の話を匂わせてたのが楽しかったわ。

エンディングはさりげなくオリヒメヨゾラさんで素晴らしい出来だった。

桂香>=護>葉子>七歌>=いぶき>なずな>勇>澄佳>ナツ様=イチ様>ちー様=向日葵>小春>穂乃香>かんな>うづき>初花>空>幻想譚ヒロイン

神楽シリーズのキャラ思い浮かべて好きな順に並べてみたら思いのほか護が上位に食い込んでた。

それと同時に未だに桂香さんが好きなことに驚いた。

紅神楽をやって記憶を刺激された所為ですごく過去策がやりたくなってきたわ……。
リンク
カウンター
応援バナー
Tiny Dungeon 「神採りアルケミーマイスター」応援中! 同人サークルはいぺりよん 全国一億二千万のお兄ちゃんへ贈る双子妹純愛AVG『S.I.S.T.A.R.S:KISS OF TRINITY』 2012.10.26発売のNavel新作『月に寄りそう乙女の作法』を応援しています! 【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中! 夏空のペルセウス アリスソフト“パステルチャイム3 バインドシーカー”応援中! 『恋剣乙女』応援中です! Justy×Nasty 応援バナー ALcot ハニカム 『あえて無視するキミとの未来 ~Relay broadcast~』 応援中! 『倉野くんちのふたご事情』応援中! 12月発売!『俺と5人の嫁さんがラブラブなのは、未来からきた赤ちゃんのおかげに違いない!?」
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。