スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fortissimo//Akkord:Bsusvier

fortissimo//Akkord:Bsusvier(フォルテシモ アコルト:ビーサスフィーア) - 13番目の“マホウ”が目覚めし時――選ばれし“マホウツカイ”達の戦いが、始まる。

期待していただけに残念な評価になった。

グラフィック A
シナリオ   B⇒D
音楽     A
キャラクター B
システム   C
総合     C

まずはじめに今作は未完だという最悪の結末によって最悪D判定になりかけた。

グラフィックは全体的に不満なし、ちょいと紗雪の立ちグラが変なくらい。武器デザインもしっかりしてるし、うたまるアルキメデス、魔剣状態のスウァフルラーメがお気に入り。

音楽は通常BGM、挿入歌ともにいい感じで盛り上がる。紗雪消滅の際の挿入歌は涙腺崩壊した。
限定版のサントラにはフルの主題歌と挿入歌は一切入ってないのでサントラ出たら買うかも。

システムは昨今稀に見る見た目だけ。使い難いったらない。
サーカスお家芸の全シーン回想は評価できるけど基本システムがどうにも使えない。
ミーミスブルンによる戦略情報も戦略には一切絡んでこないという。死亡フラグは序盤に2回あるだけ、あとは戦闘中に勝敗に関わる選択肢無しという、本当にシステムは見掛け倒し。

キャラクターはなぎさ=サクラ=紅葉>紗雪。声無しとはいえメインキャラクターは十分魅力的でした。
ただ主人公二人、とはいってるものの龍一はただのかませ犬であり主人公格とはいえない。
中途半端にザッピングで龍一視点にかわることがあるものの物語に影響を与えることはなく、ただなぎさとのストーリーを補完するだけ。
なぎさを龍一側のヒロインにする理由はあるにしても、別にそういう構成にしなくてもよかったんじゃと思う。
というのも正直龍一が嫌われやすいキャラっぽいのが理由なんですが。なぎさがもったいない。
カッコよくはあるんですが性格的にちょいと難があるなぁ。
ただやっぱり声無しにする理由がコスト面でしか考えられない。
Fateになぞらえてっていうんだったら今の風潮にあってないとしか。
あとサクラがメインヒロインとかなってますがそんなことは無かった。

そしてシナリオ。
簡単に言うなら後出しじゃんけんの連続。見事にインフレしまくりなのをこんなこともあろうかと!といわんばかりに切り札切って終わらせます。
まぁその展開も読んでる最中は熱くさせてくれるんで楽しいんですが。
とは言うもののラスボス放置して終わりはラストまでに積み上げてきた興奮と感動を地に落としてくれるわけですが。
幼馴染キャラとか伏線回収しないんだったら本気で存在価値無いし。
問答無用で後半保護者である苺さんがフェードアウト、紗雪が消えたあたりで出番無いのはおかしい上にどう考えたって魔法無効のチートなんだから絡んでこないとおかしい。ライターが使いきれずに最後消したんだろうけど。
プロローグ以前に張った伏線を丸投げ、関わりが欠片も出てこない。期待させるだけの詐欺に近い。
そして霧崎の扱い、クラスメイトという設定が逆に矛盾を起こした。一番最初に消えるのはいいけど、「あぶないことに首突っ込んでるんじゃ」とか考えちゃう龍一くんが霧崎が消えたことを疑問に思わないのはおかしい。
紅葉は無いにしてもなぎさあたりは最低限「最近霧崎君見ないね」くらいの会話はあってしかるべき。やらないんだったらいっそ紗雪と同じクラスにした方が矛盾が少なくて済んだ。こんなモロ序盤でストーリーラインに直接影響は無いとはいえ、キャラクター的な矛盾を残すとか駄目だろ。
あとはメインヒロインとなっているサクラの扱いがどうやってもパートナー以上にならないという欠陥。
ストーリーをいくら追ってもサクラを大切に思う理由が恋人の方向に変わることは無い。最後に残った近しい女性がサクラだから、という腑抜けた理由で大切だと言っているなら興ざめ。
よっぽど紅葉と紗雪のほうがヒロインしてるわ、どの道死ぬけど。
幼馴染、サクラの扱い、苺のフェードアウトを除けば零ニVS龍一まではすごい盛り上がって楽しめていたのにそこでおしまい。
その先に伏線全部が詰まってるんだとwktkが最高潮になってるところでどん底です。
最後まで終わってれば最低でもA評価にはなったはずのシナリオが最低ランク。


総合でシナリオが圧倒的に足引っ張って地雷作品と化しました。
曲芸とブロッコリーの合資なんで、あるいは予定調和なのか。
ここからFD攻勢に出るのかねぇ方法⇒魔法と一応前例はあるわけだし。
まぁFDってレベルの問題じゃないけど。
ホントとりあえず完結だけはさせて欲しい。

追記はおまけ。

御影的なイメージボイス

・サクラ      雪都さお梨/桜川未央
・鈴白 なぎさ  ひなき藍
・黒羽 紗雪   安玖深音/風音
・里村 紅葉   青葉りんご
・水坂 美樹   青山ゆかり
・雨宮 綾音   佐本二厘
・梶浦 海美   五行なずな
・高嶺 陽菜子 木村あやか
・相楽 苺     民安ともえ
・有塚 陣     榊原ゆい

美樹はあまりに出番無さ過ぎて正直イメージできなかった。
野郎は考えてない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カウンター
応援バナー
Tiny Dungeon 「神採りアルケミーマイスター」応援中! 同人サークルはいぺりよん 全国一億二千万のお兄ちゃんへ贈る双子妹純愛AVG『S.I.S.T.A.R.S:KISS OF TRINITY』 2012.10.26発売のNavel新作『月に寄りそう乙女の作法』を応援しています! 【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中! 夏空のペルセウス アリスソフト“パステルチャイム3 バインドシーカー”応援中! 『恋剣乙女』応援中です! Justy×Nasty 応援バナー ALcot ハニカム 『あえて無視するキミとの未来 ~Relay broadcast~』 応援中! 『倉野くんちのふたご事情』応援中! 12月発売!『俺と5人の嫁さんがラブラブなのは、未来からきた赤ちゃんのおかげに違いない!?」
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。