スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラ語り第三回<原点回帰>

諸事情により大分放置してましたがキャラ語り第三回いきます。

今回はタイトル通り自分にとって原点回帰。
ライトノベル「気象精霊記」より

ミリィ

名前:ミリィ・オレアノ・ヤクモ(或いはミリィ・ヤクモ)
属性:試験秀才、巫女、弱天然
中身:半場 友恵

改めて書き出してみると属性に関しては項目が思いつきません。
ただこのキャラにはまったから今の自分がいるというのは自身を持って言えますね。
とある事情から続刊がほぼ絶望的(最後の新刊が2005年)なんですが、何故か久々に目にする機会があったので再燃しました。
当時ラノベなどほとんど読まなかった自分が表紙買いし、ずっと楽しみに読んでいた作品の主人公がこのミリィでした。
優秀そうでいて実は教科書どおりの対応で失敗したり、相棒のユメミや上司の暴挙に突っ込みを入れたり、時々押しに負けて流されたりしながらも真面目で決めるときはきちんと決め、時折どこか抜けた様子を見せる彼女がどこがどうということもなく好きでした。
次のキャラ語りにて語られるであろう金髪紅眼に嵌るまで(約五年位)ずっと好きなキャラ1位にい続け、自分をこの道に誘った大きな要因のひとつを担ったキャラです。
台風が接近しているというのに気象精霊記のドラマCDを買いに行ったのは懐かしい思い出のひとつです。

ここから先は蛇足です、見たい方はどうぞ。
前述の通りミリィが主人公である気象精霊記は様々な事情により続刊がほぼ絶望的な状況になってしまいました。
一応一部では設定練り直し後新装版を出版という話もあったようですが、更新停止からすでに4年近く……作者も別な作品を書いてますし編集部側でも忘れていると思います。
これは気象精霊記に限らずラノベ全体に言えることですが、未完結作品が思った以上にあるんですよね。
漫画なんかでは一部の超例外を除いて打ち切りという形であってもなんとか形を持たせて完結させるのに対し、ラノベは明らかに物語には続きがあるというのに未完結のまま放置ということが多い。
確かにひとつの作品を終わりまで書き続けるというのは難しいのかもしれない。
けれどならばせめて続きを期待しなくてもいいような締め方をして欲しい。
そのあたり漫画と比べて対応が杜撰というか適当というか……。
待ち続けるにも気力と燃料が必要なんですよ。

まぁ、文句言ってもなんだかんだで新装版を待つしかないんですが。
出ないかなぁ、気象精霊記……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カウンター
応援バナー
Tiny Dungeon 「神採りアルケミーマイスター」応援中! 同人サークルはいぺりよん 全国一億二千万のお兄ちゃんへ贈る双子妹純愛AVG『S.I.S.T.A.R.S:KISS OF TRINITY』 2012.10.26発売のNavel新作『月に寄りそう乙女の作法』を応援しています! 【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中! 夏空のペルセウス アリスソフト“パステルチャイム3 バインドシーカー”応援中! 『恋剣乙女』応援中です! Justy×Nasty 応援バナー ALcot ハニカム 『あえて無視するキミとの未来 ~Relay broadcast~』 応援中! 『倉野くんちのふたご事情』応援中! 12月発売!『俺と5人の嫁さんがラブラブなのは、未来からきた赤ちゃんのおかげに違いない!?」
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。